9月の風呂の日(26日)は『菊湯』開催2019年9月18日

夏から秋への変わり目は、夏の猛暑や冷房による冷え過ぎなどもあって、

体調も崩しがちです。そんな体調を崩しやすい初秋におすすめなのが『菊湯』です。

菊にはカンフェンという精油成分が含まれており、皮膚を刺激して血行を促進し、

老廃物の代謝を活発にする働きがあります。保湿効果も高いので、夏の疲れをほぐす

にはぴったりです。菊の初秋の香りは疲れを優しく癒してくれそうです。

日本でも邪気払いや長寿の効能があるとされる菊を用いて、9月の重陽の節句には

貴族たちが宮中行事で菊の花を被せた真綿で体を擦って健康を祈ったり、菊を浸した

お酒を飲んで体をいたわっていたそうです。

それが時代と共に一般にも広まり、重陽の節句には菊をお風呂でも楽しむようになり

ました。この時期『菊湯』で季節を感じてみてはいかがですか。

本来、菊湯に用いるのは野生で多くみられるキク科の多年草「リュウノウギク」と

いう種類ですが、手に入りにくい為キク科の「カモミール」で代用させていただきます。